政府登録ホテル第398号群馬ロイヤルホテル

伝統と輝き

市民・県民と共に歴史を重ねて来た群馬ロイヤルホテル、デザイン面で祖父にあたるコルビジエの建築が世界遺産となり、当ホテルの建築デザインも、歴史の中で益々注目され、国の近代化遺産登録を目指した静かなリニューアル計画が50周年(2025年)に向けてスタートしました。都市型ホテルは百貨店と共に都市の顔であり心であります。群馬ロイヤルホテルはいつの時代もそう在りたく、地域化を推進し、再び、地方に「輝き」を生み出すキッカケとなれるように努めて行きます。一方、間もなく到来するポストインダストリーの時代のキーワードとなる「おもてなし」について、当ホテルではグループの学校法人NIPPON ACADEMYNIPPONおもてなし専門学校と共に21世紀のキーワードとしての「おもてなし」を世界に広めたく、創意工夫と努力を重ねて、インバウンド客を誘致し、国際ホテル化を図って行きます。

ホテルメイン画像
休館中のお問い合わせ受付時間
緊急特設、今私達に出来ること、ドライブスルー

News

5月25日
この度、群馬県の緊急事態宣言の解除に伴い、ドライブスルー弁当の営業5月24日(日)で終了いたしました。なお、レストランおよび宿泊は完全休業ですが、ご宴会・会議は完全予約制にて承っております。お問い合わせください:027-223-6111
5月22日、休館中のお電話対応
休館中も9~18時の間にて電話お受けしております。TEL:027-223-6111
5月11日
フジテレビにてドライブスルーを取り上げていただきました。
4月24日
群馬テレビにてドライブスルーを取り上げていただきました。
4月20日
有効期限2020年6月末日の試食券につきまして、館内営業をお休みさせて頂いた期間の有効期限を延長させて頂きます。
4月12日、全館休業のお知らせ
4月12日(日)より、当面の間休館とさせていただきます。なお、ドライブスルーは営業しておりますので、ご利用ください。営業再開の日時が決まりましたら再度お知らせいたします。