クリスマスアイコン おせちアイコン

政府登録ホテル第398号群馬ロイヤルホテル

伝統と輝き

市民・県民と共に歴史を重ねて来た群馬ロイヤルホテル、デザイン面で祖父にあたるコルビジエの建築が世界遺産となり、当ホテルの建築デザインも、歴史の中で益々注目され、国の近代化遺産登録を目指した静かなリニューアル計画が50周年(2025年)に向けてスタートしました。都市型ホテルは百貨店と共に都市の顔であり心であります。群馬ロイヤルホテルはいつの地代もそう在りたく、地域化を推進し、再び、地方に「輝き」を生み出すキッカケとなれるように努めて行きます。一方、間もなく到来するポストインダストリーの地代のキーワードとなる「おもてなし」について、当ホテルではグループの学校法人NIPPON ACADEMYNIPPONおもてなし専門学校と共に21世紀のキーワードとしての「おもてなし」を世界に広めたく、創意工夫と努力を重ねて、インバウンド客を誘致し、国際ホテル化を図って行きます。

群馬ロイヤルホテル特製おせち2019-20
ホテルメイン画像
クリスマスケーキ予約受付中
秋の収穫祭2019
忘新年会2019...20
朔風
群馬ロイヤルホテル特製誕生日ケーキ
グランカフェ

News 2019

11月11日
クリスマスケーキの繁忙期と、おせち引き渡しにより、12月20~25日、30・31日は、スイーツバイキング食べ放題の営業を中止致します。1~5個セレクション・テイクアウトに関しては通常営業となりますが、ケーキの種類・個数を限定することがあります。
11月1日
グランカフェ11月のケーキを更新、四季のコースメニューを更新
10月22日
群馬ロイヤルホテル特製おせちのご予約注文を開始
10月15日
クリスマスケーキのご予約と、個室レストラン「四季」でのクリスマスディナーのご予約を開始
10月4日
当ホテルの従業員、植野政人(65)が上毛新聞の「現役賛歌」に掲載されました。