GRH Outline

会社概要
群馬ロイヤルホテルは、昭和47年に県内外の有力企業数十社の参加によって設立された地元企業であり、国際ホテル整備法の基準に従って建設され、昭和50年9月18日に開業した地方都市ホテルであります。

ホテルの敷地・前橋市大手町一丁目は歴史的には、旧厩橋城の城内南西部にあり、敷地内に厩橋城主酒井家建立の長壁神社を有する由緒ある土地であります。
ホテル本館は旧NHK前橋放送局の跡にあり、西に利根川、南に国道17号線、更には、北側は群馬県庁にも近接し、赤城、榛名、妙義の上毛三山、浅間山、谷川岳を一望に出来るシティーリゾート的環境の中に在ります。

ホテルは客室数67室の小規模ではありますが、5つのレストラン&バーラウンジに大宴会場を始めとする27室の宴会場&個室群、教会、ガーデンチャペル、神殿、美容室、並びに300台収容の駐車場を有する都市型ホテルであり、30年の歴史の中、格式と伝統のみなず、地域を代表するホテルとして常に最新鋭のデザイン&設備を導入しております。

中でも、ホテル本館はMOMA(ニューヨーク近代美術館)発刊の20世紀の近代建築集...Transformation of 20th century modern architecture....の表紙を飾り、1998年に建立された「愛と平和の教会」はホテル併設の教会として、国内最大規模の教会であります。
当社は、地方都市ホテルを取り巻く、厳しい環境の中にも、21世紀のホテル産業の近代化を目指し、館内各施設のリニューアル、各種マーチャンダイジング、社内情報化の徹底による新時代の組織体系としてのリストラクチャリング等全社的な業務改革を、GRHルネッサンス..."変革”の名の下に推進しています。とりわけ、IT/情報技術の導入は、ホテルのみならず一般企業としても、常に、最先端に在る事を社是とし、全社員参加による情報化を徹底し、来る21世紀のホスピタリティー社会の実現に向けて努力をしております。

トップページへ戻る

マグネット

マグネットとは、MATRIX.GRH.(GUNMA ROYAL HOTEL)の頭文字であるMとGにNETWORKのNETを組み合わせた造語であり、社内情報を一元化する為の磁石/マグネットである事を願って命名されたLAN/ローカルエリアネットワークであります。平成8年9月にスタートしたマグネットには、今では1000項目を超えるページが存在し、それは弊社にとって、企業の頭脳と神経にあたる役割を担うまでに成長しつつあります。
社員は、誰もがマグネットを経由して、殆ど全ての情報を共有する事が出来、正確で迅速な業務連絡が徹底され、結果として情報伝達コストを大幅に削減する事が可能となります。これらは、各人が得た情報を全員で共有すること、すなわち“頭脳の共有化”を意味する事であり、端的に表現するならば、“思いが適う情報化”、社内外を問わず“思い”が瞬時に伝わる状態を弊社の“旨”としているという事でもあります。例えば、マグネットの中の一つの頁である、絶対コード12番にある、”GRHニュース”は社内の諸々の伝達事項や、出来事、辞令等が随時掲載されるファイルであり、その名の通り社内のニュースとなっている、閲覧率の高い頁となっています。

会社概要

名称     株式会社 群馬ロイヤルホテル
代表者    代表取締役社長  清水 澄
所在地    群馬県前橋市大手町1−9−7
電話     027−223−6111
設立     昭和47年7月28日
開業     昭和50年9月18日
資本金    8億円
事業内容   ホテル、婚礼、宴会、展示会、会議、各種催事、和洋中各レストランの経営、
       レストランの受託運営、NIPPON語学院経営
施設概要   客室67室、120名収容、和洋中各レストラン及びバー、宴会場14室、
       愛と平和の教会、ガーデンチャペル、神前式結婚式場、美粧着付室、写真室、
       美容室、駐車場300台

沿革

昭和47年 7月     株.群馬ロイヤルホテル 設立
昭和50年 9月     ホテル開業
昭和58年10月     昭和天皇陛下ご来館
平成 3年 4月     国際外語学院(現NIPPON語学院)開校
平成10年 5月     天皇皇后両陛下ご来館
平成10年10月     南館・愛と平和の教会 開設
平成17年10月     NIPPON語学院・移転(前橋市大手町2-5-10)改名開校

事業案内

宿泊事業>
客室数67室と部屋数は都市型ホテルとしては少ないが、スーツ(スイート)ルームをはじめ、DXツイン・ツイン・コーナーダブル・シングルと豊富な客室タイプを取り揃えており、ビジネスや観光の拠点として、また、ご婚礼ご宴席のご出席の方々等に広くご利用頂いております。

宴会・婚礼事業>
「THE ROSE HOSPITALITY 薔薇の心のおもてなし」をテーマに大中小27室の宴会場の他、レストランの個室をご利用頂き、ご婚礼、祝賀会、展示会、ご法要、会議、セミナー等、様々な形式で数名様から、500名様を超える大宴会までを承っております。
特にご婚礼については、98年9月に開業致しました「愛と平和の教会」はホテルの挙式施設としての教会では、国内でも最大規模をほこり、キリスト教式をはじめとする自由なスタイルによる挙式をご提案し、徐々に人気を高めております。併せて神前式挙式場の「神祇殿」も従来の神前式の挙式場の常識を打ち破り、斬新なデザインと発想に基づき、教会と共に新たな挙式のスタイルを提案致します。

レストラン事業>
レストランは全て直営にて、地階に中国料理「朔風」、バー「オリンポス」、1階に西洋料理「マルコ」、ティーラウンジ「ロビーラウンジ」、8階に個室レストラン「四季」があり、様々なお客様のニーズにお応えしております。
中国料理「朔風」はホテル内中国料理レストランでは、国内でも最大規模の客室数をほこり、大小の個室&ブース席を設けられ、本格的な中国料理を低廉な料金で味わって頂けるレストランとして高い人気をよんでおります。
個室レストラン「四季」では、フランス料理の他、日本料理の懐石、中国料理のコース料理等お客様のご要望に応じたスタイルのお料理を、プライベートな空間で、素晴らしい眺望とともに味わって頂いております。

NIPPON語学院...通称NILA>
平成3年4月に日本語教育振興協会の認定を受け開設された「NIPPON語学院」は、語学力は勿論、人格においても世界国家意識を持った、真の国際人として活躍でき得る人材の育成を主眼に、語学教育に力を注ぎ、併せて地域の国際化にも貢献しております。企業や行政機関の招聘する外国人研修生を対象とした日本語研修の企画・指導や、日本の大学や専門学校に入学を希望する留学生の語学予備教育の為の日本語科を設置しております。